東京都練馬区石神井台 - 庭石の処分(庭石の解体撤去)の工事

東京都練馬区石神井台

目次

数ある工事会社のホームページから弊社のホームページを
ご覧いただきまして誠にありがとうございます。

弊社には日々、
様々な内容のお困りごとやご相談を頂いております。
本日は下記の工事実績をご紹介したいと思います。

庭石の処分(庭石の解体撤去)の工事-東京都練馬区石神井台の自然石(庭石)と砂利の回収処分工事の実績です。

■工事概要

・1.6立米ほどの自然石
・家屋の後ろ側に残置された状態
・4時間程度で工事完了

■工事中の風景

通路が70cm程度しかない現場の為、職人は細身の職人にて対応しています。

庭石の処分(庭石の解体撤去)の工事-東京都練馬区石神井台の自然石(庭石)と砂利の回収処分工事の作業風景01 庭石の処分(庭石の解体撤去)の工事-東京都練馬区石神井台の自然石(庭石)と砂利の回収処分工事の作業風景02 庭石の処分(庭石の解体撤去)の工事-東京都練馬区石神井台の自然石(庭石)と砂利の回収処分工事の作業風景03 庭石の処分(庭石の解体撤去)の工事-東京都練馬区石神井台の自然石(庭石)と砂利の回収処分工事の作業風景04 庭石の処分(庭石の解体撤去)の工事-東京都練馬区石神井台の自然石(庭石)と砂利の回収処分工事の作業風景05 庭石の処分(庭石の解体撤去)の工事-東京都練馬区石神井台の自然石(庭石)と砂利の回収処分工事の作業風景06 庭石の処分(庭石の解体撤去)の工事-東京都練馬区石神井台の自然石(庭石)と砂利の回収処分工事の作業風景07 庭石の処分(庭石の解体撤去)の工事-東京都練馬区石神井台の自然石(庭石)と砂利の回収処分工事の作業風景08 庭石の処分(庭石の解体撤去)の工事-東京都練馬区石神井台の自然石(庭石)と砂利の回収処分工事の作業風景09 庭石の処分(庭石の解体撤去)の工事-東京都練馬区石神井台の自然石(庭石)と砂利の回収処分工事の作業風景10 庭石の処分(庭石の解体撤去)の工事-東京都練馬区石神井台の自然石(庭石)と砂利の回収処分工事の作業風景11 庭石の処分(庭石の解体撤去)の工事-東京都練馬区石神井台の自然石(庭石)と砂利の回収処分工事の作業風景12 庭石の処分(庭石の解体撤去)の工事-東京都練馬区石神井台の自然石(庭石)と砂利の回収処分工事の作業風景13 庭石の処分(庭石の解体撤去)の工事-東京都練馬区石神井台の自然石(庭石)と砂利の回収処分工事の作業風景14 庭石の処分(庭石の解体撤去)の工事-東京都練馬区石神井台の自然石(庭石)と砂利の回収処分工事の作業風景15 庭石の処分(庭石の解体撤去)の工事-東京都練馬区石神井台の自然石(庭石)と砂利の回収処分工事の作業風景16 庭石の処分(庭石の解体撤去)の工事-東京都練馬区石神井台の自然石(庭石)と砂利の回収処分工事の作業完了

■説明

本現場は、不動産の売買に伴うお庭の石材回収となります。
お客様が遠方にも関わらず、丁寧に対応頂き感謝申し上げます。

裏の通路部分での工事では外壁部分にキズが付かないように
対応をさせて頂きました。

1名のベテラン石工職人にて4時間程度で施工が完了しました。

この度はご依頼頂きまして誠にありがとうございました。
スタッフ一同、感謝申し上げます。

神奈川県・東京都・埼玉県にて
庭石・自然石・砂利・ブロック塀・大谷石や
石灯篭などの石材の解体工事や処分回収は

「らいふぱる」へお任せ下さい。

■「らいふぱる」の簡単なご案内

弊社では、庭木や植木などの伐採剪定、その他にも土地や空き地の整地工事などにも対応しております。外構工事や家屋内のリフォーム工事から不用品回収などの家財や遺品整理も行っております。初夏から冬までは害虫駆除などで蜂の巣駆除白蟻駆除から害獣が活発に活動する為にご依頼が増加し通年を通して家屋やアパートなどの解体工事のご依頼がございます。

その他、通年を通してご相談頂いている分野としては家屋リフォームやリノベーションからお庭の外構工事などとなります。お墓の撤去や自然石や庭石処分、庭木や樹木の根の抜根工事や空家や売却をしたい家屋やマンションなどの不動産の買取なども対応しております。

その他には雨漏りに伴う屋根工事や内装の壁に亀裂が入った際の壁紙補修なども対応しています。お家の設計から土地の開発工事などの造成工事も対応しておりますので住居に関連した様々なお困り事の全般に対応させて頂いております。

東京都練馬区石神井台

庭石に関しての説明は こちら ご覧ください。

お問合せ

らいふぱる お問合せバナー

ABOUTこの記事をかいた人

当店へお越し頂きまして誠にありがとうございます。「便利屋らいふぱる」運営スタッフです。当店では現場で起こった様々な体験談や新しい工事分野など様々な情報を発信していけたらと思っています。また、記事全てが同じスタッフが書いてはいませんので、文章や表現方法、言い回しが変わる事もありますが、是非お時間ある方はじっくりとお読み頂けたら幸いです。