灯篭 - 灯篭の処分と解体撤去の費用と方法

灯篭

目次

■1、灯篭とは?

灯篭は、安土桃山時代以降に中国や朝鮮半島から
渡来した文化で、一説によると奈良時代に使われるように
なった献灯設備です。

基本的には神仏などに尊い火を捧げる設備だったものを
美術的な観点から庭や庭園に設置するようになった
庭園設備なのです。

灯篭 灯篭の解説と説明画像


基本型 四角型 御間形・西ノ屋形・神前形
六角型 般若寺形・祓戸形・奥ノ院形・(春日形)
八角型 当麻寺形・柚ノ木形
特殊型 三角燈籠・円形燈籠・勧修寺形・妙山寺形
変化型 生込型 円形・八角形・六角形・四角形・織部形
脚付型 蘭渓形・琴柱形・雪見形
層塔型 三重形・五重形
置燈籠型 三光形・岬形・草屋形
特殊型 袖形・道しるべ形・寄せ燈籠
山燈籠
朝鮮燈籠

一言、灯篭と言っても色んな種類と材質でできた
灯篭があります。種類によって重さも硬さ(石の硬度)
も異なりますので処分する際の参考にしてみてください。

■2、灯篭の買取

有名な彫刻家によって作られた灯籠は、
骨董品・古美術品として市場価値が上がっている為、
ゴミとしての価値でなく製品や商品として
アンティークの分類に入ります。

基本的に、弊社では石灯篭を専門に工事を行う為
現地で御見積もりを実施させて頂いた際に
買取ができそうな石灯篭であれば

石灯篭を専門に買取を行っているアンティーク会社様へ
ご案内をさせて頂いております。

■3、灯篭の捨て方

石の灯篭は一般的には、100件の御見積に対して
1件~2件ほど買取ができそうなものがでてきます。

ですが、それ以外の98件は買取ができない灯篭になるので
全て解体して撤去処分を行うことになります。

灯篭を捨てるときは、まずは石になりますので
トラックで吊り上げを行ってから処分場で
細かく破砕して埋め立て用の砕石に生まれ変わります。

ゴミは焼却すれば灰にできますが、石を分解することは
できないので、最終的には埋め立て用の砕石か

土木用の砕石などに鉱さい加工を行ってリサイクルされます。

■4、灯篭の解体の方法

石灯篭は人工的にコンクリートなどで製造されたものと
自然石を加工して製造されたものとに大まかに分かれます。

ご依頼者のお宅から引き上げる際は、ユニッククレーンで
つるして持ってくるか、細かく破砕してもってくるかの
2パターンでの対応が一般的です。

解体工事を行う解体工事会社の方々は、
重機で細かく砕いて収集運搬を行うか

人力で細かく破砕処理を行ってからトラックへ積込み
運搬を行って処分工場へ運んでいます。

弊社も基本的な動きは変わりありません。

■5、灯篭を処分する料金

灯篭を処分(廃棄)するときに一番考えるときは
やっぱり皆様同じで、

いくらで処分ができるのだろうか?

この1点を考えていらっしゃいます。

解体会社、不用品回収業者など様々な業者がいますが
弊社では、体積の計算を行って

そのまま人力で積み込めるものか
斫り工事を行って細かく砕いてから処分するかで
費用が変わってきます。

一般的には関東一円であれば1kgあたりで
30円~45円ぐらいが相場のように思います。

弊社では下記の灯篭であれば設置場所などの
条件などでも変わってくるのですが、

一基あたりで5000円でお釣りがくる程度で出張費用や様々含めても
全てコミコミで処分を行っています。人力でもてる材質や運搬条件なども含まれますが、、、

大体のサイズは 高50cm 横40cm 奥行40cm

灯篭 - ミニ灯篭

■6、まとめ

何十年もお庭にある灯篭や、先祖代々の灯篭、
お社の近辺で使われていた灯篭などは

やはり、弊社でもお清めをさせて頂いてから
解体や撤去処分を行っています。

実際にそれで何があったようなわけではないのですが
多くの業者では

石材に仏様や神様の彫刻があったりすると
よほど、仕事がない業者様か

我々のように専門でおこなっている業者でないかぎり
ほとんどがやりたがらず、弊社に相談がきます。

ご自分で灯篭を処分するときは、

どんな用途で使っていたかを良く確認して
用途に見合った処分方法をオススメしております。

中にはお清めをしてから新品のドリルで解体している
最中にドリル一発目で新品のドリルが折れる、、、

なんてことも過去に一度だけ発生しております。

欠陥品にあたっただけだと社内では考えていますが
今まで発生したことがないような不思議なことが
世の中にはあるのだと感じた瞬間でもあります。

灯篭の処分や廃棄などでお困りの方は
お気軽に弊社へお申し付け下さいませ。

お見積は無料で対応しています。

■工事実績の一覧へ

工事実績一覧のご案内画像

■「らいふぱる」の簡単なご案内

弊社では、庭木や植木などの伐採剪定、その他にも土地や空き地の整地工事などにも対応しております。外構工事や家屋内のリフォーム工事から不用品回収などの家財や遺品整理も行っております。初夏から冬までは害虫駆除などで蜂の巣駆除白蟻駆除から害獣が活発に活動する為にご依頼が増加し通年を通して家屋やアパートなどの解体工事のご依頼がございます。

その他、通年を通してご相談頂いている分野としては家屋リフォームやリノベーションからお庭の外構工事などとなります。お墓の撤去や自然石や庭石処分、庭木や樹木の根の抜根工事や空家や売却をしたい家屋やマンションなどの不動産の買取なども対応しております。

その他には雨漏りに伴う屋根工事や内装の壁に亀裂が入った際の壁紙補修なども対応しています。お家の設計から土地の開発工事などの造成工事も対応しておりますので住居に関連した様々なお困り事の全般に対応させて頂いております。

灯篭

灯篭に関わる専門的な説明はWikipediaのこちらをご覧ください。

お問合せ

「らいふぱる」への電話相談窓口

■出張エリア&対応地域

■神奈川県  担当店(神奈川店)

・横浜市
鶴見区 | 神奈川区 | 西区 | 中区 | 南区 | 保土ケ谷区 | 磯子区 | 金沢区 | 港北区| 戸塚区 | 港南区 | 旭区 | 緑区 | 瀬谷区 | 栄区 | 泉区 | 青葉区 | 都筑区
・川崎市
川崎区 | 幸区 | 中原区 | 高津区 | 多摩区 | 宮前区 | 麻生区
・相模原市
緑区 | 中央区 | 南区

■その他の市区町村
横須賀市 | 平塚市 | 鎌倉市 | 藤沢市 | 小田原市 | 茅ヶ崎市 | 逗子市
三浦市 | 秦野市 | 厚木市 | 大和市 | 伊勢原市 | 海老名市 | 座間市
南足柄市 | 綾瀬市|三浦郡|葉山町|高座郡|寒川町|中郡|大磯町
二宮町|足柄上郡|中井町 | 大井町 | 松田町 | 山北町 | 開成町
足柄下郡|箱根町 | 真鶴町 | 湯河原町|愛甲郡|愛川町 | 清川村

■東京都(23区内)担当店(神奈川店千葉店)

○ 千代田区 ○ 中央区 ○ 港区  ○ 新宿区 ○ 文京区
○ 台東区 ○ 墨田区 ○ 江東区 ○ 品川区 ○ 目黒区
○ 大田区 ○ 世田谷区 ○ 渋谷区 ○ 中野区 ○ 杉並区
○ 豊島区 ○ 北区  ○ 荒川区 ○ 板橋区 ○ 練馬区
○ 足立区 ○ 葛飾区 ○ 江戸川区

■多摩地域

○ 八王子市 ○ 立川市 ○ 武蔵野市 ○ 三鷹市 ○ 府中市
○ 昭島市 ○ 調布市 ○ 町田市 ○ 小金井市 ○ 日野市
○ 国分寺市 ○ 国立市 ○ 狛江市 ○ 東大和市 ○ 武蔵村山市
○ 多摩市 ○ 稲城市
○ 小平市 ○ 東村山市 ○ 西東京市 ○ 清瀬市 ○ 東久留米市
○ 青梅市 ○ 福生市 ○ 羽村市 ○ あきる野市 ○ 瑞穂町
○ 日の出町 ○ 檜原村 ○ 奥多摩町

■埼玉県 担当店(神奈川店千葉店)

○さいたま市 ○川越市 ○熊谷市 ○川口市 ○行田市 ○秩父市 ○所沢市 ○飯能市 ○加須市○本庄市 ○東松山市 ○春日部市 ○狭山市 ○羽生市 ○鴻巣市 ○深谷市 ○上尾市 ○草加市○越谷市 ○蕨市 ○戸田市 ○入間市 ○朝霞市 ○志木市 ○和光市 ○新座市 ○桶川市 ○久喜市○北本市 ○八潮市 ○富士見市 ○三郷市 ○蓮田市 ○坂戸市 ○幸手市 ○鶴ヶ島市 ○日高市○吉川市 ○ふじみ野市 ○白岡市 ○伊奈町 ○三芳町 ○毛呂山町 ○越生町 ○滑川町 ○嵐山町○小川町 ○川島町 ○吉見町 ○鳩山町 ○ときがわ町 ○横瀬町 ○皆野町 ○長瀞町 ○小鹿野町○東秩父村 ○美里町 ○神川町 ○上里町 ○寄居町 ○宮代町 ○杉戸町 ○松伏町

■千葉県 担当店(千葉店)

〇 旭市 〇 我孫子市 〇 いすみ市 〇 市川市 〇 一宮町 〇 市原市 〇 印西市 〇 浦安市 〇 大網白里市 〇 大多喜町 〇 御宿町 〇 柏市 〇 勝浦市 〇 香取市 〇 鎌ケ谷市 〇 鴨川市 〇 木更津市 〇 君津市 〇 鋸南町 〇 九十九里町 〇 神崎町 〇 栄町 〇 佐倉市 〇 山武市 〇 酒々井町 〇 芝山町 〇 白子町 〇 白井市 〇 匝瑳市 〇 袖ケ浦市 〇 多古町 〇 館山市 〇 千葉市 〇 銚子市 〇 長生村 〇 長南町 〇 東金市 〇 東庄町 〇 富里市 〇 長柄町 〇 流山市 〇 習志野市 〇 成田市 〇 野田市 〇 富津市 〇 船橋市 〇 松戸市 〇 南房総市 〇 睦沢町 〇 茂原市 〇 八街市 〇 八千代市 〇 横芝光町 〇 四街道市

ABOUTこの記事をかいた人

当店へお越し頂きまして誠にありがとうございます。「便利屋らいふぱる」運営スタッフです。当店では現場で起こった様々な体験談や新しい工事分野など様々な情報を発信していけたらと思っています。また、記事全てが同じスタッフが書いてはいませんので、文章や表現方法、言い回しが変わる事もありますが、是非お時間ある方はじっくりとお読み頂けたら幸いです。