台風被害 – 倒木や冠水、防風や豪雨(ゲリラ豪雨)などによる被害を受けた場合の対応処理について方法や費用など手順を解説

台風

目次

1、台風被害発生後の対応について

・台風で被害が発生した後に行う事

台風が上陸してから被害が発生し、その後に何を行うかの手順を記載致します。

・お庭や敷地内で被災したケース

前提条件として、生命にかかわる危険はないが、自宅の庭木や樹木が倒木した場合などの危険はないが家屋やお庭などの敷地内で被災された方

上記のような生命に危険はないが、家財や敷地設備、隣家などへ損害を発生させてしまったような場合ですが、まずは工事会社や専門会社へ連絡をして復旧作業を行いましょう。二次被害を早急に抑えることがあなたが行う1番最初の大仕事となります。

2、倒木撤去について

・倒木が発生した場合には下記の流れで対応頂けたら幸いです。

1、自己所有の敷地内で倒木が発生して隣家や周辺へ被害が発生してしまった場合

回答:様々なケースがございますが、まずは専門会社へ連絡しましょう。

2、自己所有の敷地内で倒木が発生して隣家や周辺へ生命の危険や交通網の遮断、電線の切断などが発生した場合

回答:こちらも様々なケースがございますが、まずは最寄りの区役所へお電話をしてみましょう。対応内容であれば即時に案内して頂けます。

3、雨漏りや屋根の部分・全損壊

これらの場合は、行政ではなく各種専門会社へお電話をしていただく流れとなります。発生してから家屋が水を吸って腐食が進む前に迅速に専門会社へご連絡をしてアドバイスをもらうようにしてください。

4、家屋が浸水した場合

家が浸水しますと、浸水した部分に数週間のうちにカビが発生して家屋全体の腐食や劣化に広がるとともに、カビ胞子を吸い込むことにより呼吸器疾患を発生させます。水が引いたらば専門会社へ早急に連絡を行い、部分修繕または解体してから新築するかなど迅速に対応する必要があります。

お問合せ

らいふぱる お問合せバナー

ABOUTこの記事をかいた人

当店へお越し頂きまして誠にありがとうございます。「便利屋らいふぱる」運営スタッフです。当店では現場で起こった様々な体験談や新しい工事分野など様々な情報を発信していけたらと思っています。また、記事全てが同じスタッフが書いてはいませんので、文章や表現方法、言い回しが変わる事もありますが、是非お時間ある方はじっくりとお読み頂けたら幸いです。