ウッドデッキの費用から制作・新設工事から解体工事までウッドデッキを作る・壊す時の注意点について

ウッドデッキ 費用

目次

1、ウッドデッキの解体費用について

ウッドデッキ解体費用1平米 3500円~  (税別)
ウッドデッキ処分費用1平米 3000円~  (税別)
ウッドデッキ基礎石1立米 7000円~  (税別)

2、ウッドデッキの施工費用について

ウッドデッキ施工費用現地お見積り(5平米以下は36000円~)税別
ウッドデッキ材料費お客様注文でもオリジナル木材でも対応可能

3、ウッドデッキは木材と樹脂はどちらが良いか?

ウッドデッキを新設する際にウッドデッキだから「木材」で作ろうと考えるのは一昔前の考え方で今では樹脂加工した木のような質感の樹脂加工木材があります。木のぬくもりはありませんが非常に長持ちする為、最近非常に人気です。

私どもが経験してきた流れからいうのであれば「あくまでも個人の趣味」が最優先される分野にはなりますが経済合理性を追求するのであれば「樹脂加工」されたフェイクウッドが非常に長持ちしますし腐らないのでオススメです。

4、ウッドデッキの施工の際に気を付けること

これは、皆様がわかる通りですが「木材」は桧でも杉でもホワイトウッドだとしても外構用のレッドシダー(非常に硬い長持ちする木)だとしても外気にあたっていれば腐食していきます。ですので、メンテナンスの為の防腐剤の塗布やペンキでの塗装などが非常に重要な要素になってきます。

3ヶ月に一度、防腐剤を塗るぐらいの気持ちでないと木材のウッドデッキを長持ちさせるのはとても難しく大抵の場合は5年も綺麗に使えていれば非常に良い状態かと思います。

10年もたてば大抵の場合は交換するか新しく作り直すかなどを考えるような状態になっていることがほとんどです。メンテナンスをしていない方のウッドデッキはもう「ボロボロ」でシロアリの巣があったりと家屋にも被害を発生させる要因にもなりますので、ボロボロになったウッドデッキは解体するか新しく交換しましょう。

5、ウッドデッキ施工前の土地について

ウッドデッキを施工するときは土地を整地して土を固める作業(転圧)をしなければなりません。石や木をさけて上手くウッドデッキを作ることもできますが、アリや虫が上ってくる原因にもなりますので基本的にはウッドデッキの周りには障害物がない状態にするのがオススメです。

6、DIYでウッドデッキは作れるの?

結論から申し上げますと、自分でウッドデッキを作るのは思ったよりも簡単に作ることができます。誰でも簡単にとは言えませんがDIYが好きな方であれば庭の整地から基礎作り、本体の木材カットと組み込みなども時間をかければ問題なくできます。ですが、ホームセンターに販売されている木材で作った場合は材料費が非常に高くなるので通販で売っているセットのウッドデッキであればお安く作れるのかと思います。

どうしても木材で自分で作りたい場合は「木材屋」さんなどにいってロット購入をして材料代を安くする必要があります。

7、ウッドデッキとシロアリについて

ご自宅にあるウッドデッキが下記のようになっていたら、即時解体して撤去をオススメ致します。理由は簡単で「シロアリ」の食害にあっているからです。下記をご覧ください。

上記のウッドデッキはかなりボロボロですが、床が「ギシギシ」となったり「いたが下に下がったりした場合なども食害にあっている可能性が非常に高いです。下記のウッドデッキは表面が綺麗ですがデッキの下はボロボロでかなり重度な食害にあっています。

中を調べてみると下記のように巣になっているわけです。

また、ウッドデッキの一部が下記の柱のような表面になっている部分があった場合も食害にあっている証拠になります。家屋の中にシロアリが侵入する前に解体して新しいウッドデッキを設置することをオススメ致します。

8、屋根付きのウッドデッキの価格

屋根付きのウッドデッキの場合ですが、土地の形状や敷地の傾斜などにあわせて耐久性を考える必要性がございますので、現地でお見積りを実施してからプランを考えております。オリジナルで屋根付きのウッドデッキも作ることが可能でございます。

9、斜面や傾斜地にウッドデッキを作る費用や方法

ご自宅の前が傾斜や斜面だったとしても、よほどの崖っぷちでない限りは大抵の場合ウッドデッキを施工することが可能となります。斜面や傾斜地の場合には基礎工事として土木工事を行って基礎をきっちりと固めてあげる必要性がございます。ですので、どんな場所でもウッドデッキを作ることは可能でございます。

10、新築物件のウッドデッキ施工費用

最近ではエクステリアは自分で分離発注で探したり、建売で庭は整備されていない状態で購入するなどいろんなパターンが見られます。新築でも中古物件でもウッドデッキを施工することは可能でございます。中古物件よりも新築物件のほうが設備などがまだない状態が多いので解体費用や撤去費用がかからないので純粋に施工費用のみの場合が多くお得になります。

11、「らいふぱる」のご案内

私達は電球1個の交換から新築工事まで幅広く行う「ゼネコンを小さくした」ような工事や作業専門の便利屋です。気軽に依頼ができるような値段設定と品質を重視した工事工程や職人で構成されたお店です。詳しくは「らいふぱるってどんなお店?」をご覧下さいませ。

お問合せ

らいふぱる お問合せバナー

ABOUTこの記事をかいた人

当店へお越し頂きまして誠にありがとうございます。「便利屋らいふぱる」運営スタッフです。当店では現場で起こった様々な体験談や新しい工事分野など様々な情報を発信していけたらと思っています。また、記事全てが同じスタッフが書いてはいませんので、文章や表現方法、言い回しが変わる事もありますが、是非お時間ある方はじっくりとお読み頂けたら幸いです。