抜根費用の相場と抜根の方法をご紹介

抜根費用の相場と抜根の方法をご紹介

目次

目次

2022年06月27日に最新版に更新されています。

自宅や敷地に庭木や植木、大きな樹木などの切株や根はありませんか?抜根費用の一般相場から抜根工事の方法を解説

抜根費用の一般的な相場はいくらですか?

当店は他社様の金額を知っているわけではありませんが、10年以上の運営の中で大体をまとめさせて頂くと他社様の費用などの料金は下記のような相場となってきます。

幹の直径が15㎝未満2,000円~8,000円
幹の直径が15~30㎝5,000円~10,000円
幹の直径が31~50㎝10,000円~30,000円
幹の直径が51㎝以上20,000円~100,000円

ご家庭からご相談頂く場合、一般的な業者や植木屋さんであれば小さな切り株や庭木が1株程度の場合には、木の根を抜いたり撤去するのに1本あたりの金額は2000円~8000円程度が相場となります。大きな樹木であれば2万円~6万円ほどかかる場合もあります。重機で抜根を行う場合は比較的安く対応ができる業者が多いですが、手掘りの人力作業で行わなければならないような狭い土地や急傾斜地などに生えた樹木の抜根の場合は養生や作業場を確保する為にプラスで5万円~15万円ほどかかることが多いようです。

当店の「抜根費用」はいくらか?

根の張り方や状態、ブロック塀や土留め擁壁、電気ケーブルや水道管やガス管などのインフラが近くにあるかないか、埋設物に絡んでいるかどうかで作業時間や工具、人手の人数も大きく変わる為、現地でお見積り実施後にお見積書にてご案内をさせて頂いております。

抜根が必要な理由

抜根が必要な理由のおおまかな理由は下記の5つとなります。

  • 切株を残しておくとシロアリの食害(エサ場)になってしまう
  • 根が残っているとミツバチやオオスズメバチの巣になってしまう
  • 周辺の構造物の地盤が沈下してくる
  • 隣家のブロック塀や擁壁にダメージを与えて、根の越境トラブルが発生してしまう
  • 水道管や雨水管、ガス管などに根が絡みついて管が破損してガス漏れや水漏れが発生

それではこれらの理由を1つ一つ確認していきましょう。

切株を残しておくとシロアリの食害(エサ場)になってしまう

こちらは単純に家のすぐ近くで「シロアリ」を養殖しているのと同じこととなります。シロアリが食べるのは材木だけではありません。コンクリートも食べます。根や切株を残すことで発生する白蟻(シロアリ)被害を総務省のデータと弊社の過去実績を踏まえてまとめてみました。宜しければご覧ください 本当は庭に木があると怖い理由それは(シロアリ)の恐怖。シロアリ被害は電気火災も引き起こします。庭に救ったシロアリは庭だけの被害では止まりません。自宅もそうですが近隣の家屋へも元気に出勤していきます。シロアリ被害で火災寸前の恐怖。庭の樹木にシロアリ被害が確認できたらば、オススメしているのは、

1,家屋や基礎の食害被害の調査

2,電気系統(特に分電盤の後ろや基礎に近いコンセント周辺)への害虫の侵入確認を実施して下さい。

根が残っているとミツバチやオオスズメバチの巣になってしまう

当店では害獣・害虫駆除を行っておりますので蜂の巣駆除なども行っておりますが、ミツバチやオオスズメバチは地中に残っている木の根っこを本体にして巣を作っているのを何度も駆除した経験がございます。また、それらの蜂は木の根や倒木した中に巣を作る習性がございます。最近、都市部ではオオスズメバチの被害は滅多に聞くこともなくなってきましたが、ミツバチはまだまだ元気に飛んでおります。地方であればオオスズメバチやミツバチはどこにでもおりますので巣を作らせてしまうことに注意が必要となります。

周辺の構造物の地盤が沈下してくる

地面の中には、最初「木の根」はまったく侵入をしていません。誰かが植えたり自然に増えた場合も除き「土」の中は「土」だけとなります。長い年月をかけ、根が侵食していきますと地中の土を押し上げ、押し広げながら根を下へ横へと伸ばしていきます。その際に、抜根工事などで幹の中心だけを撤去してしまいますと、横に広がった根は「枯れて腐る」「シロアリの餌になる」この2点の現象が発生します。

庭木・樹木の抜根作業の際の手順説明

隣家のブロック塀や擁壁にダメージを与えて、根の越境トラブルが発生してしまう

伸びた根が地中で腐ってしまいますと、腐った部分はシロアリなどの虫が食べてしまいスポンジのような状態となります。バクテリアや細菌などによって分解され時間をかけて土になっていきますが、その根が伸びた上に「アスファルト」や「コンクリート土間」「駐車スペース」などがある場合は地面に穴が開いてしまう原因となります。また周辺に隣家のブロック塀があったり構造物があったりすると、今まで固まっていた土が柔らかくなりますので周辺に建造されている構造物は倒壊したり傾いたり歪んだりしてしまいます。これが隣家のブロック塀のほうに根が伸びていたら大変です。

水道管や雨水管、ガス管などに根が絡みついて管が破損してガス漏れや水漏れが発生

こちらも同じく「水道管」「ガス管」「雨水管」「浄化槽」などに根が絡みついたりして水漏れが発生したりといったケースを沢山見てきました。ガス管に絡んでいる場合などはガス会社へガスを一時的に止めて頂いてからの工事を行わなければガス漏れが発生して近隣住民の避難が必要になってしまうのでとても危険です。上下水道の配管に絡んでいる場合も同様に水道管を一時的にストップしてから根を撤去するなど造園工事だけでなく他の専門工事とあわせた工事手法が必要となってきます。

当店でお受け可能かどうかの判断が必要な事象について

  • 住宅基礎に干渉していると思われる場合には現地状態(写真も可)をみて対応が可能かを判断致します。
  • 既に他社様の施工が原因で危険リスクがあり、当店が関与することで対象リスクが当店の責任に転嫁される可能性がある場合も現地状態を確認してからのお受けできるかの判断となります。

お気軽にご相談下さい。見積無料となります。

抜根に関するお問合せ(AI自動受付)>>045-832-8050

メールでのご相談は下記をクリック下さい>>

実際に私達、業者がどんな風に庭木や植木の根を抜根するのか動画で作業風景をご覧ください

上記の抜根は三脚とチェーンブロックを使って対応しておりますが、本ページを読んで頂いている方は絶対にいきなり引っこ抜かないようにしてください。この三脚で引き抜く前にはブロック塀の補強や地中配管のチェックと根切り作業などを全て行い100% ブロック塀にダメージがないようにしてから抜根を行っております。事前準備は入念に実施して下さい。一部でも根が絡まっていたり塀の下に潜っているのに無理に引っこ抜くと一気にブロック塀が倒壊致しますので「いきなり抜根は絶対禁止です

※ご注意

1、一株だけの場合、お写真でもお見積りができますが、1株以上ある場合や周りに設備がある場合などは、現地で根の状態や諸条件などを確認してからご案内させて頂く必要がございます。抜根対象の樹木が直径15cmを超える場合や構造物の近くに生育している場合は現地お見積りが必要です。

2、上下水道やガス管などに根が絡んでいる場合には全ての撤去ができない場合がありますので現地調査が必要となります。

3、動画のように根を抜根した際に、水道管、ガス管、電気配線など地中にインフラ設備がうまっているような状態又は根がブロック塀や基礎コンクリートなどに食い込んでいるような場合に動画のように力技で引き抜きを行うとガス漏れ・水道管破裂、漏電、塀の倒壊など甚大な被害を発生させる大事故に発展しますのでDIYで実施する際はご注意下さい。

抜根がどうしてもできないパターン

基本的に抜根ができないケースは存在しません。どうしてもできない場合はご相談頂いた会社様が「植木屋」「造園屋」「解体屋」さんだけの場合は水道や電気に絡む工事や他に外構工事と絡む場合には他社との連携をして工事を行うか、工事を請ける事ができない場合があります。当店は「ガス工事」「消防関連」「通信ネットワーク回線や高圧電気」以外の全ての工事を請け負っている為、抜根ができないケースはお客様のご予算で対応が難しいと言った場合のみとなります。抜根する木の根が建造物や各種設備に複雑に絡みつき抜根をすることで耐久性が落ちたり、完全破損する可能性が高い場合には一部の抜根撤去だけを行うか全てを撤去して根が侵入して破壊している個所の修繕リフォームなど、そのような方法も含めてご提案をしております。 根が絡むインフラを全て解体撤去して根を全て撤去するのが一番正しくかつ将来的にも弊害がない方法となります。

抜根の方法について

様々な工事方法がございます。「人力」「重機」「人力だけど抜根機械を使う場合」「人力だけどチェーンソーを使う場合」「油圧チェーンを使う場合や大型重機を使う場合」など対象の根の状態に合わせて検討していきます。

1、 重機が入らない抜根の場合 (人力の場合)

重機が入らないような極小地でも車から離れていてもどんな状態の土地でも抜根作業を行うことができます。一般的な業者さんなどは直径が1mや2m、直径が80cm程度の樹木サイズになると重機が入らないと対応してくれない会社が多いですが弊社では大きな樹木を人力で、どうすれば速く力を使わずに撤去するかを考えて工法を研究し、どんな大きさの樹木でも人力だけで撤去することができるようになりました。ですので、どんな場所の抜根でも基本的には断ることはありません。一般的な抜根の工事風景は下記となります。

人力(単管パイプと油圧ジャッキ)を使った抜根作業の風景

2、 重機が入る抜根の場合

重機が入るような現場ですと、多くは農家さんから畑に植えた梨の木を20本抜いてほしい、、畑の垣根を900m分を撤去してほしい、、などなど

裏山の大きな大木を伐採して抜根してほしい、、など色んなご依頼がきます。重機が入る現場で、条件さえ悪くなければ5~10cm程度の直径の樹木でも抜くだけで機械を使えるなら作業工賃は1株5千円や7千円程度でも対応しております。株数が増えれば、更に価格を下げることも規模により可能です。1株だけの場合で重機をもってくる場合が逆にお値段を抑えることができなくなる為、現場によって一番安くできる工法でお客様にはご提案をさせて頂いております。

難易度が低い重機で抜根工事をする場合の工事風景は下記をご覧ください。下記はお茶の木とツツジの根を撤去致しました。

ショベルカー(重機)を使った茶畑での大規模な抜根工事の風景

3、竹の抜根と木の抜根は何が違うの?

竹林や竹を撤去してほしいとご相談を頂くことも非常に多く頂いておりますが、竹と木の根は種類が異なり、除去の方法や考え方が異なります。地下茎は、地中に埋もれる性質を持つ茎のことを言いますが竹の根はこの「地下茎」に属しています。1つの根から沢山の竹が生えてきます。樹木は1株から樹木の種類にもよりますが基本的に1本~2本の幹しかでてきません。金木犀などは沢山、枝分かれしますが「あくまでも通常は」という話です。

地下茎は、竹はそれなりに深く、そして横に横にドンドン伸びる為に竹害と呼ばれる竹による人の生活環境への被害を発生させるほど生命力が強い植物です。弊社では、竹でも樹木でも庭木でも植木でもどんな場所にあっても撤去と根害を予防する工事を行っております。

抜根で使用する道具について

1、庭木や植木、樹木で使用する道具について

言葉で説明するよりもお写真のほうがわかりやすいので通常人力で私達が使用する道具を簡単にご紹介できればと思います。

人力で行う時の抜根で使う道具一覧

1、先の尖ったスコップ(中サイズと大サイズ)
2、レバーホイスト(1.5tのものと3tの大型の物など)
3、園芸用スコップと園芸用グッズなど
4、値切り専用の刃がついたチェーンソーなど
5、三脚セット
6、写真にありませんが、ハサミやノコギリなど

上記のような道具を使って抜根を行います。ラッシングベルトや大型のチェーンや5tや8tを引っ張れるような極太のワイヤーなども現場によっては持っていったりします。

抜根と伐根の違いは?

伐根とは、主に林業を行う現場で使う言葉で生育している樹木を丸ごと伐採から根までを撤去する場合に「伐根」と使うことが多いです。それとは逆に「抜根」とは既に切り株の状態になっている根を掘削して撤去することを言います。お客様に良く聞かれますが、実際にはその業界にいないと知らないことですので問題ございません。

本題に入りますが、自分で中古の物件を購入した場合や、お庭いじりをはじめた人で一番の問題になってくるのは、抜根(木の根を抜く作業)です。抜根は伐採した庭木や植木、大木や樹木などの根を撤去する工事や作業のことを言います。

小さな根であれば、自分一人でも問題なくできると思いますが実際に自分で掘ってみるとものすごく時間と体力を消費します。それが、趣味で好きで好きでたまらない方ならともかく、そうでない方のほうが圧倒的に多いのが現実です。また、根には横に伸びる場合と縦に深く深く伸びていく場合と樹木や植木などの種類によって千差万別です。バランスよく丸く伸びるようなタイプもあるのでDIYなどで行うと手こずってしまいます。でも個人的にはDIYオススメです。

よく依頼をされる抜根のパターン

依頼される案件については特定の偏りがありません。一般のご家庭の抜根工事から造成工事や開墾工事など数十本から数百本の樹木の根を撤去したいと言ったご相談も頂きます。ですので、ご家庭の庭木の抜根だとしてもお気軽にご相談頂けますと幸いです。 市街地ですと一番多いのは水道管やガス管に根が絡んでしまってどこの業者にも断られて困ってご連絡を頂くパターンが多いです。

作業の時にあると安全な配管図

大きな樹木や庭木の根を撤去する場合には、根を撤去する際に掘削する深度が非常に深くなります。その為「ガス管」「水道管」「下水管」などの埋設されたインフラ設備がどこに埋まっているかを確認させて頂く必要がございます。小さな根(株)であれば問題ございませんが、大きな根を撤去する際にこれらを行わないと、どんな会社さんでも水道管や下水管の破損という事故につながります。

その為、もしお客様のお手元に配管図があったり、どこに埋まっているか聞いた事がある場合は見積もりの時に業者へ言ってあげると結果的にご依頼する方の財産を守る事につながります。

まとめ

樹木、庭木、植木から竹などの根を「抜根」する場合に自分で行えば費用はかかりませんがやはり時間はかなりかかります。一般的な人が2Lのペットボトルぐらいの根を撤去する場合は朝九時から掘っても「良くて半日」長いと丸一日かかる場合もあります。むしろご依頼者の多くは一日掘って諦めて、ご連絡頂く方が6割もいらっしゃいます。掘る人の体力とスピードにもよるのでなんとも言えませんが、、、。とにかく大変です。

自分でできれば、お金はかからないのでなるべくならば、自分で抜根を行うほうが経済最適化になるのでオススメです。個人的にも、DIYでお金をかけずに抜根をするのが一番だと思います。ただ、もしも時間も、そんな体力も、、という方はお気軽にお問合せ下さい。

お気軽にご相談下さい。見積無料となります。

抜根に関するお問合せ(AI自動受付)>>045-832-8050

メールでのご相談は下記をクリック下さい>>

出張エリア&対応地域

■神奈川県

・横浜市
|鶴見区|神奈川区|西区|中区|南区|保土ケ谷区|磯子区|金沢区|港北区| 戸塚区|港南区|旭区|緑区|瀬谷区|栄区|泉区|青葉区|都筑区
・川崎市
|川崎区 | 幸区 | 中原区 | 高津区 | 多摩区 | 宮前区 | 麻生区
・相模原市
|緑区 | 中央区 | 南区

■神奈川県 の その他の市区町村

|横須賀市|平塚市|鎌倉市|藤沢市|小田原市|茅ヶ崎市|逗子市|三浦市|秦野市|厚木市|大和市|伊勢原市|海老名市|座間市|南足柄市|綾瀬市|三浦郡|葉山町|高座郡|寒川町|中郡|大磯町二宮町|足柄上郡|中井町|大井町|松田町|山北町|開成町|足柄下郡|箱根町|真鶴町|湯河原町|愛甲郡|愛川町|清川村

■東京都(23区内)

| 千代田区 | 中央区 | 港区  | 新宿区 | 文京区| 台東区 | 墨田区 | 江東区 | 品川区 | 目黒区| 大田区 | 世田谷区 | 渋谷区 | 中野区 | 杉並区| 豊島区 | 北区  | 荒川区 | 板橋区 | 練馬区
| 足立区 | 葛飾区 | 江戸川区

■多摩地域

| 八王子市 | 立川市 | 武蔵野市 | 三鷹市 | 府中市| 昭島市 | 調布市 | 町田市 | 小金井市 | 日野市| 国分寺市 | 国立市 | 狛江市 | 東大和市 | 武蔵村山市| 多摩市 | 稲城市| 小平市 | 東村山市 | 西東京市 | 清瀬市 | 東久留米市| 青梅市 | 福生市 | 羽村市 | あきる野市 | 瑞穂町| 日の出町 | 檜原村 | 奥多摩町

■埼玉県

|さいたま市 |川越市 |熊谷市 |川口市 |行田市 |秩父市 |所沢市 |飯能市 |加須市|本庄市 |東松山市 |春日部市 |狭山市 |羽生市 |鴻巣市 |深谷市 |上尾市 |草加市|越谷市 |蕨市 |戸田市 |入間市 |朝霞市 |志木市 |和光市 |新座市 |桶川市 |久喜市|北本市 |八潮市 |富士見市 |三郷市 |蓮田市 |坂戸市 |幸手市 |鶴ヶ島市 |日高市|吉川市 |ふじみ野市 |白岡市 |伊奈町 |三芳町 |毛呂山町 |越生町 |滑川町 |嵐山町|小川町 |川島町 |吉見町 |鳩山町 |ときがわ町 |横瀬町 |皆野町 |長瀞町 |小鹿野町|東秩父村 |美里町 |神川町 |上里町 |寄居町 |宮代町 |杉戸町 |松伏町

■千葉県

|旭市|我孫子市|いすみ市|市川市|一宮町|市原市|印西市|浦安市|大網白里市|大多喜町|御宿町|柏市|勝浦市|香取市|鎌ケ谷市|鴨川市|木更津市|君津市|鋸南町|九十九里町|神崎町|栄町|佐倉市|山武市|酒々井町|芝山町|白子町|白井市|匝瑳市|袖ケ浦市|多古町|館山市|千葉市|銚子市|長生村|長南町|東金市|東庄町|富里市|長柄町|流山市|習志野市|成田市|野田市|富津市|船橋市|松戸市|南房総市|睦沢町|茂原市|八街市|八千代市|横芝光町|四街道市

お問合せ

お気軽にご相談下さいませ。お見積りは無料となります。