建物滅失登記の方法と手順を解説

建物滅失登記の方法と手順を解説

目次

最初に

皆様は建物を解体したら、それで終わりと思っている方が多くいらっしゃいますが、そうではありません。建物には、税金など各種法令にそった手続きが必要となります。建物、家屋を解体したら1ヶ月以内に建物滅失登記を行わなければなりません。(不動産登記法57条)

法務局の登記簿上からその建物が存在しなくなったことを登記しなければならないのです。建物滅失登記は申請義務になっていますので、登記の申請を怠った場合には、10万円以下の過料に処されることがありますのでご注意ください。(不動産登記法164条)

法務局へ申請書とともに複数の必要書類を提出すると法務局から市町村役場へ通知が行くため、施主が手続きをしなくても課税台帳からはずれます。建物滅失登記に関する手続きはご自身でも出来る比較的簡易的な登記と言われていますが、場合によっては専門的な知識も要しますし、出来れば専門家である「司法書士」や「土地家屋調査士」に業務としてお任せすることをお勧めします。もし手続きがうまくいかなかった場合は固定資産税がいつもまでも徴収されてしまうこともあるようですので、ご注意ください。

これから、解体工事を行おうと考えているあなたへ

滅失登記をするには私達、解体業者が準備する各種類の申請書類が複数あります。しっかりとした解体業者であれば問題なく揃えることができますが、極稀にですが、下記のような会社も存在しています。

「解体工事を終えたのに、業者が書類を送ってくれない」
「お願いした解体業者が倒産してしまった」

などというトラブルも業界的にも非常に多く見受けられる業界となります。解体工事をこれからお考えの方で、しっかりとした解体業者さんをお探しの方は、是非とも弊社の無料情報で勉強頂きしっかりと対応して頂ける会社様に依頼しましょう。

滅失登記を自分で登記をする場合-滅失登記DIY編

登記簿の特定

滅失登記の申請書には、建物の登記簿上の所在や家屋番号などを記載する必要があるため、登記簿を取得して確認する必要があります。登記簿謄本(全部事項証明書)は最寄りの法務局で取得することができます。その際に「住居表示」ではなく「地番」や「家屋番号」を特定する必要があるのですが、建物の所在(地番)と家屋番号は、権利証や、固定資産税評価証明書、固定資産税の納税通知書などに記載されています。(「住居表示」とはいわゆる住所で、「地番」とは全く別物です)なお、もしその建物が登記されていなければ、滅失登記をする必要はありません。

滅失登記を行う際に借地権利などの場合は土地の所有者とのお話合いなどお話をしなければならないことが多々ありますので土地所有者と借地権者の間で話合いをもって頂く必要性が非常に高いです。

申請する人は?

1、建物所有者
2、建物共有名義人
3、相続人の方

上記が申請ができる方となります。また、複雑となりますが、成年後見人に任命された方に関しても上記の申請者にあたります。

滅失登記に必要なもの

滅失登記の必要書類は以下の通りです。

  • 登記申請書(委任する場合は必要ない)
  • 取毀し証明書(解体業者から発行してもらう)
  • 解体業者の印鑑証明書
  • 解体業者の資格証明書or会社謄本
  • 住宅地図(現場のわかる住宅地図の添付要求されることがあるので問い合わせる)
  • 登記申請書のコピー 1部
  • 委任状(自分で行う場合は必要ない)
  • 依頼人の印鑑証明(自分で行う場合は必要ない)
  • ※自治体によっては、実印(発行後3ヶ月以内の印鑑証明書添付)も必要な場合があります。

提出方法と申請先

(1)~(5)(大きさは全てA4サイズ)を重ねて左側をホチキスで止めます。提出先は管轄の法務局の不動産登記申請表示係の窓口で登記申請書類一式を提出します。

なお、申請書類一式を法務局へ郵送することも可能ですが、書類の不備などがあれば直接法務局に出向くことになるので、出来れば直接窓口に出向いていただいた方がいいでしょう。

登記申請書提出方法

■委任する場合 土地家屋調査士や司法書士に委任する形になります。 ご自身で上記(2)~(5)の書類を揃え、委任する土地家屋調査士にお渡しください。

■登記されている所有者が亡くなっている場合 その物件の所有者を確認する為の住民票の除票が必要です。 また、登記されている建物の所有者とご本人の関係を示す書類とご本人の住所を確認できる住民票が必要になってきます。

■相続人が申請をする場合 相続人であることが証明できる戸籍謄本等を提出する必要があります。 この戸籍等は、相続人の現在の戸籍だけではなく、亡くなった方の全ての戸籍の除籍や改製原戸籍なども提出する必要があります。

登記完了証を受け取る

建物の滅失登記が完了すると、「登記完了証」という書類が交付されます。 登記完了証は、滅失登記が完了したことを証明する書類ですので記録として保管しておきましょう。 (申請してから完了するまで1週間程度かかるようです。)

未登記物件を解体した場合

登記がされていない家屋を解体した場合は「家屋滅失届」を市区町村の税務課窓口に提出する必要があります。またその際には、解体業者から発行される取毀し証明書(解体証明書)を添付します。提出をされた家屋滅失届に基づき、役所の職員による現地確認が行われる場合もあります。未登記の物件を取り壊しても家屋滅失届を提出しないと市区町村で把握する事ができず、固定資産税が誤って課税されることになりかねません。ちなみに登記してある家屋を解体した場合は役所に「家屋滅失届」を届出ても登記の滅失はされませんので、法務局において家屋の滅失登記が必要です。

まとめ

・登記されていない家屋を解体した場合 ⇒市区町村の税務課に家屋滅失届を提出する

・登記されてある家屋を解体した場合 ⇒管轄の法務局に建物滅失登記をする

お気軽にご相談下さい。見積無料となります。

建物滅失登記に関するお問合せ(AI自動受付)>>045-832-8050

メールでのご相談は下記をクリック下さい>>

出張エリア&対応地域

■神奈川県

・横浜市
|鶴見区|神奈川区|西区|中区|南区|保土ケ谷区|磯子区|金沢区|港北区| 戸塚区|港南区|旭区|緑区|瀬谷区|栄区|泉区|青葉区|都筑区
・川崎市
|川崎区 | 幸区 | 中原区 | 高津区 | 多摩区 | 宮前区 | 麻生区
・相模原市
|緑区 | 中央区 | 南区

■神奈川県 の その他の市区町村

|横須賀市|平塚市|鎌倉市|藤沢市|小田原市|茅ヶ崎市|逗子市|三浦市|秦野市|厚木市|大和市|伊勢原市|海老名市|座間市|南足柄市|綾瀬市|三浦郡|葉山町|高座郡|寒川町|中郡|大磯町二宮町|足柄上郡|中井町|大井町|松田町|山北町|開成町|足柄下郡|箱根町|真鶴町|湯河原町|愛甲郡|愛川町|清川村

■東京都(23区内)

| 千代田区 | 中央区 | 港区  | 新宿区 | 文京区| 台東区 | 墨田区 | 江東区 | 品川区 | 目黒区| 大田区 | 世田谷区 | 渋谷区 | 中野区 | 杉並区| 豊島区 | 北区  | 荒川区 | 板橋区 | 練馬区
| 足立区 | 葛飾区 | 江戸川区

■多摩地域

| 八王子市 | 立川市 | 武蔵野市 | 三鷹市 | 府中市| 昭島市 | 調布市 | 町田市 | 小金井市 | 日野市| 国分寺市 | 国立市 | 狛江市 | 東大和市 | 武蔵村山市| 多摩市 | 稲城市| 小平市 | 東村山市 | 西東京市 | 清瀬市 | 東久留米市| 青梅市 | 福生市 | 羽村市 | あきる野市 | 瑞穂町| 日の出町 | 檜原村 | 奥多摩町

■埼玉県

|さいたま市 |川越市 |熊谷市 |川口市 |行田市 |秩父市 |所沢市 |飯能市 |加須市|本庄市 |東松山市 |春日部市 |狭山市 |羽生市 |鴻巣市 |深谷市 |上尾市 |草加市|越谷市 |蕨市 |戸田市 |入間市 |朝霞市 |志木市 |和光市 |新座市 |桶川市 |久喜市|北本市 |八潮市 |富士見市 |三郷市 |蓮田市 |坂戸市 |幸手市 |鶴ヶ島市 |日高市|吉川市 |ふじみ野市 |白岡市 |伊奈町 |三芳町 |毛呂山町 |越生町 |滑川町 |嵐山町|小川町 |川島町 |吉見町 |鳩山町 |ときがわ町 |横瀬町 |皆野町 |長瀞町 |小鹿野町|東秩父村 |美里町 |神川町 |上里町 |寄居町 |宮代町 |杉戸町 |松伏町

■千葉県

|旭市|我孫子市|いすみ市|市川市|一宮町|市原市|印西市|浦安市|大網白里市|大多喜町|御宿町|柏市|勝浦市|香取市|鎌ケ谷市|鴨川市|木更津市|君津市|鋸南町|九十九里町|神崎町|栄町|佐倉市|山武市|酒々井町|芝山町|白子町|白井市|匝瑳市|袖ケ浦市|多古町|館山市|千葉市|銚子市|長生村|長南町|東金市|東庄町|富里市|長柄町|流山市|習志野市|成田市|野田市|富津市|船橋市|松戸市|南房総市|睦沢町|茂原市|八街市|八千代市|横芝光町|四街道市