物置解体の費用について業者の解体撤去の手順や工事方法を紹介

物置の解体・撤去・処分の一連の作業風景をとった写真画像

物置解体の費用について業者の解体撤去の手順や工事方法を紹介

目次

物置解体・撤去処分の料金表

物置のサイズ(三辺の合計cm)金額
Sサイズ 400cm未満8,000円 / 解体・処分込み
Mサイズ 500cm未満9,000円  / 解体・処分込み
Lサイズ 600cm未満12,000円  / 解体・処分込み
LLサイズ 700cm未満15,000円  / 解体・処分込み

物置解体のビフォー・アフター

物置解体 - 物置解体の費用と物置撤去・処分の施工風景

物置の寸法サイズの計測の方法

物置解体 - 物置解体の費用と物置撤去の採寸方法写真

別途でお見積りが必要です。必ず下記の手順をお守りください。

  1. 必ず必要ではありませんが、可能であれば写真が必要となります。寸法サイズのみでもOK
  2. 駐車するスペースから物置まで何m程度あるか教えて下さい。

■下記も合わせてお読み下さい。

※木造の物置やプレハブの解体や撤去処分も対応しております。
※土台やコンクリートで基礎を固定している場合の撤去は別途費用必須です。
※上記の通りサイズを測定して頂きましてメールを頂きますとスムーズです。

お気軽にご相談下さいませ。お見積りは無料となります。

無料電話相談はタップ(スマートフォンの方)>>045-832-8050

出張エリア&対応地域

■神奈川県

・横浜市
|鶴見区|神奈川区|西区|中区|南区|保土ケ谷区|磯子区|金沢区|港北区| 戸塚区|港南区|旭区|緑区|瀬谷区|栄区|泉区|青葉区|都筑区
・川崎市
|川崎区 | 幸区 | 中原区 | 高津区 | 多摩区 | 宮前区 | 麻生区
・相模原市
|緑区 | 中央区 | 南区

■神奈川県 の その他の市区町村

|横須賀市|平塚市|鎌倉市|藤沢市|小田原市|茅ヶ崎市|逗子市|三浦市|秦野市|厚木市|大和市|伊勢原市|海老名市|座間市|南足柄市|綾瀬市|三浦郡|葉山町|高座郡|寒川町|中郡|大磯町二宮町|足柄上郡|中井町|大井町|松田町|山北町|開成町|足柄下郡|箱根町|真鶴町|湯河原町|愛甲郡|愛川町|清川村

■東京都(23区内)

| 千代田区 | 中央区 | 港区  | 新宿区 | 文京区| 台東区 | 墨田区 | 江東区 | 品川区 | 目黒区| 大田区 | 世田谷区 | 渋谷区 | 中野区 | 杉並区| 豊島区 | 北区  | 荒川区 | 板橋区 | 練馬区
| 足立区 | 葛飾区 | 江戸川区

■多摩地域

| 八王子市 | 立川市 | 武蔵野市 | 三鷹市 | 府中市| 昭島市 | 調布市 | 町田市 | 小金井市 | 日野市| 国分寺市 | 国立市 | 狛江市 | 東大和市 | 武蔵村山市| 多摩市 | 稲城市| 小平市 | 東村山市 | 西東京市 | 清瀬市 | 東久留米市| 青梅市 | 福生市 | 羽村市 | あきる野市 | 瑞穂町| 日の出町 | 檜原村 | 奥多摩町

■埼玉県

|さいたま市 |川越市 |熊谷市 |川口市 |行田市 |秩父市 |所沢市 |飯能市 |加須市|本庄市 |東松山市 |春日部市 |狭山市 |羽生市 |鴻巣市 |深谷市 |上尾市 |草加市|越谷市 |蕨市 |戸田市 |入間市 |朝霞市 |志木市 |和光市 |新座市 |桶川市 |久喜市|北本市 |八潮市 |富士見市 |三郷市 |蓮田市 |坂戸市 |幸手市 |鶴ヶ島市 |日高市|吉川市 |ふじみ野市 |白岡市 |伊奈町 |三芳町 |毛呂山町 |越生町 |滑川町 |嵐山町|小川町 |川島町 |吉見町 |鳩山町 |ときがわ町 |横瀬町 |皆野町 |長瀞町 |小鹿野町|東秩父村 |美里町 |神川町 |上里町 |寄居町 |宮代町 |杉戸町 |松伏町

■千葉県

|旭市|我孫子市|いすみ市|市川市|一宮町|市原市|印西市|浦安市|大網白里市|大多喜町|御宿町|柏市|勝浦市|香取市|鎌ケ谷市|鴨川市|木更津市|君津市|鋸南町|九十九里町|神崎町|栄町|佐倉市|山武市|酒々井町|芝山町|白子町|白井市|匝瑳市|袖ケ浦市|多古町|館山市|千葉市|銚子市|長生村|長南町|東金市|東庄町|富里市|長柄町|流山市|習志野市|成田市|野田市|富津市|船橋市|松戸市|南房総市|睦沢町|茂原市|八街市|八千代市|横芝光町|四街道市

物置を解体する時の注意

物置は金属製の物置と、大工さんが建てた木造タイプなどがあります。金属製の場合は少しづつ分解すれば良いのですが、木造タイプの物置は、通常の木造の一戸建ての解体工事の小規模版となりますので、屋根が崩れたり、釘やビスなどが腕や足に刺さったりと危険を伴います。手や指その他にケガをしたりすると破傷風になりますので、木造の物置小屋をご自身でDIYで解体をする時はケガをしないようにご注意下さい。

自分でも解体できるの?

日曜大工などが大好きな方で、小さな小屋を自分で建てられるぐらい器用な方であれば、問題なく自分で解体できます。しかしながら、解体した後の木材や金属、プラスチックなど廃棄物を処理しなければならないので、結局は業者に任せるほうが時間がかからなかった、、、、

ということがよく発生します。困ってしまって当店や他社様へなんてこともよくある話となります。自分でやることが好きな方はご自身でチャレンジしてもいいと思いますが、解体工事を行う際には、大小問わず最新の注意をはらって解体作業を行って頂ければと思います。

工事期間はどれぐらい?

一般家庭に設置されている物置であれば、1日で解体撤去が可能でございます。

ただし、小さな物置小屋でも何台もある場合や、車などが駐車できるような大型の物置やプレハブ小屋などの場合は数日の工期がかかりますので現地確認が必要となります。一般家庭ぐらいのものであれば、ほとんどの物が1営業日にて完了し、それ以外の中規模や大型であれば2~3日程度の工期日数で処分が完了致します。

大型の物置でも大丈夫?

大型といっても、あくまでも物置メーカーさんが作る販売している物置のサイズが限界となります。それ以上に基礎工事などがあったり物置だか、家の一部(離れ)などと見受けられるような場合などは通常の解体工事になる場合がございます。

木造の物置はお願いできますか?

こちらも、建てられている住所を管轄している市区町村の法律に従って、解体工事の届け出を行わいものや滅失登記申請などが発生しないもので、小さな物置小屋であれば物置解体のサービスとして対応をさせて頂いております。市区町村で規定されている建物として認識されている物置小屋などは家屋解体工事が必要となりますが、当店では解体工事業の許可をもっておりますので問題ございません。

プレハブ小屋の解体はできますか?

プレハブ小屋などの場合は、簡単に設置されたもの以外にも基礎のコンクリートなどがきちんと作られたものなど様々なものがありますが、通常の流れで言えば、ほとんどが、通常の解体工事で施工を行わせて頂いております。どちらか、不明な場合はお気軽にお問合せ下さいませ。

見積もりに費用はかかりますか?

一部を除いて一切の御見積もり費用は頂いておりません。※万が一費用がかかる調査の場合は、前もって必ず確認をさせて頂き、許可を頂いてから現地調査を行います。

見積もりに費用がかかる場合は?

アスベストなどがあった場合など、専門的な調査を行ったり物置小屋といっても隣家の境界線の上に基礎コンクリまでうってあって建ててしまった物置など正確な測量などを行わないと対処ができないなど、見積もりの中に、専門的な調査技術が必要となるような場合はご費用がかかってしまう場合がございます。

お気軽にご相談下さいませ。お見積りは無料となります。

物置の解体撤去や処分の無料相談>>045-832-8050

お問合せ

お気軽にご相談下さいませ。お見積りは無料となります。

ABOUTこの記事をかいた人

当店へお越し頂きまして誠にありがとうございます。「らいふぱる工事部」スタッフです。当店では現場で起こった様々な体験談や新しい工事分野など様々な情報をご案内しております。また、記事全てが同じスタッフが投稿しておりませんので、文章や表現方法、言い回しが変わる事もありますが、是非お時間ある方はじっくりとお読み頂けたら幸いです。